知っておきたい「ペット保険」あれこれ

ペット保険は必要?必要ない?

ペット保険とは、ペットや病気や怪我をして動物病院などで入院・治療を受けたときに、加入している保険会社がが費用の一部を負担するものです。保険料をおさめることで、万が一のペットの病気や怪我に備えることができます。
それでは、ペット保険は必ず入らなくてはならないのでしょうか?ペット保険の加入は義務付けられていないため、必要のない方は加入しないという選択肢もあります。たとえば、ペットが病気や怪我をしたときに治療費が支払える方、ペットに病気や怪我の心配が見受けられない方には必要ありません。また、ペット保険加入前にペットがすでに病気や怪我をしている場合は補償を受けられず、保険料を支払うだけとなってしまって損をしてしまいます。
ペットの病気や怪我は、いつ起こるかわかりません。ペット保険は、ペットの病気や怪我に備えるためのものです。ペットが病気や怪我をしたときに安心して治療が受けられるよう、早めにペット保険の加入を検討することをおすすめします。

ペット保険は賢く選びましょう

ペット保険を選ぶ際には、補償内容と掛け金のバランスを考えて選ぶことが大切です。ここで、バランスを考えるうえで大切なポイントをいくつかご紹介します。
まず第一に考えたいのが、加入したい期間です。生後数か月の時期に加入したいのであれば、病気などで手術や通院が多い可能性があるため、補償回数が多いプランだとより安心です。怪我の不安などで高齢期に加入したい場合は、年齢制限が設けられ加入できないプランがあるため注意しましょう。一生涯の加入を考えているのであれば、終身加入ができるプランがあります。中には定額のプランもあり、保険料の引き上げなどの影響を受けないため経済的です。
いずれにせよ、加入したい期間によって必要な補償内容や補償回数が異なるため、加入したい期間と補償内容を考慮した上でペット保険を選びましょう。

© Copyright Pet Insurance Comparison. All Rights Reserved.